老後の資金は年金だけで大丈夫?イデコのススメ

自分で資産を運用するイデコ

国民年金や厚生年金などの公的な年金だけでは、老後の資金が心配と不安に思っている方も多いのではないでしょうか?経済的に安心して老後を過ごすために自分で資金を準備することを考えている方に、おすすめなのが個人型確定拠出年金、通称「イデコ」という制度です。イデコは老後の資金を自分で作る制度で、公的な年金にプラスして受け取ることができます。毎月自分で設定した金額を60歳まで拠出して、投資信託や保険などの金融商品を選び運用し、60歳以降に年金や一時金の形で受け取ります。毎月の拠出額は下限が5,000円と手軽に始められるのも魅力のひとつです。

イデコは税金が優遇されている!

イデコの大きなメリットとして税金が優遇されていることがあげられます。毎月の拠出金は全額が所得控除されます。また、運用して得た利益も課税されません。受け取る際には年金の形の場合は「公的年金等控除」、一時金では「退職所得控除」が受けられるため所得税が安くなります。

イデコのデメリットは?

老後の資金を増やすために有効なイデコですが、60歳になるまでは資産は引き出せません。そのため、毎月の拠出金は生活に支障のない金額に設定することが大事です。運用した結果次第で受け取る金額が変動するイデコですが、金融商品によっては元本が保証されていないものもあるため、複数の商品を選ぶ、専門家に相談するなどの工夫が必要です。また、口座を開設したり維持したりするために手数料が発生します。運営管理機関を選ぶ時には、金融商品だけでなく手数料もチェックしましょう。

個人型確定拠出年金は確定拠出年金の1種で、公的年金とは異なり私的年金です。公募により、iDeCoの愛称で呼ばれています。

Scroll to Top