ファクタリングによる資金調達に関する注意点

ファクタリングの概要

売掛金とは、製品の販売、サービスの提供を債権会社が債務会社に対して行い、その対価を得る手段として請求書を提出しているが、債務会社から支払伝票等で示されたたとえば例として「請求書受領後翌月末支払」とする様な入金時期に達しておらず、帳簿上に記載された入金予定金額の記録です。ファクタリング会社は、債権会社から売掛金を現金で買い取ることで、債権会社が資金調達を早期に行うことに役立つ業務を行う会社です。通常、ファクタリング会社が債務会社からの資金回収を行うことになります。

ファクタリングのメリット

ファクタリングは銀行等による融資による資金調達に比べて審査が通りやすく、債権会社が担保を用意する必要もありません。

また、ファクタリングを行い資金調達を早めることで、資金繰りが安定して急な出費や支払に備えることができます。

もし、償還請求権無しの債権譲渡を行うファクタリング会社を選択すれば、債務企業の業績悪化でも支払が滞ることがなく、貸借対象票に負債金額を記載する必要もなく、債権会社には自社の健全性をより担保しやすくなります。

ファクタリングのデメリット

ファクタリングを行う際に、2社の取引であれば売掛金の10~30%,債務会社も入れた3社の取引であれば売掛金の1~5%の手数料が発生します。この金額は、債務会社の業績リスクの保証金額という意味も事務手続き以外にあり、通常の手形発行コストよりも高くなります。

また、ファクタリングが売掛残がないと資金調達をできないため、月商以上となる調達はできないこともあります。

他人が持っている売掛債権を買い取って、その債権の回収をする金融サービスのことをファクタリングといいます

Scroll to Top