通信制高校って全日制と何が違うの?特徴をご紹介

通信制高校とは一体どんな学校?

通信制高校とは、一般の全日制と呼ばれる高校と異なり、学校に行って授業を受けるのではなく通信によって授業を受ける学校のことをいいます。通信制高校でも全日制と同様、高校を卒業するには3年以上の在籍が必要となります。学校に登校することもありますが、毎日ではなく、週に1・2回程度。また自分自身で選択する場合や長期期間の合宿に参加するなど学校によって登校日は異なります。場合によっては登校すらせずに卒業をする学校もあります。授業も登校日の授業を受け、レポートなどの提出を行い、テストを受けて単位を取得する仕組みになっています。

通信制高校で得られる資格

通信制高校で取得できる資格は、大きな資格は高校卒業資格を取得することができます。基本的に全日制と在籍期間は変わらず、卒業認定を受けれます。他にも専門資格を取得することができます。例えば、美容系で働く方々に必要な美容師免許・料理家を目指す方に必要な料理師免許が取得できます。さらに医療関係に将来進みたい方などは医療関係の資格も取得することができます。学校を選ぶ際は、取得できる資格が何かを事前に知っておくことも必要です。

通信制高校のメリット・デメリット

通信制高校のメリットは、現在働いている人や高校を中退している人など様々な方々が通うことができます。また登校日も少ないので、仕事や勉強の両立なども自由な時間を確保することができます。

一方デメリットは、レポートの期限があるなど、自分自身で計画を持って勉強をしていかなければいけない場合があります。もし期限を逃してしまうと、単位取得ができず卒業もできないってことがあります。

通信制高校を名古屋でする魅力は資格取得や職業訓練の要素を含んだカリキュラムを持っているからです。就職活動に有利なスキルが身に付きます。

Scroll to Top