賢く利用したい自動車保険のロードサービス

自動車保険のロードサービスとは

自動車保険のロードサービスの補償内容は、レッカーサービスやパンクへの対応、ガス欠時の給油など多岐に渡ります。保険会社によって補償範囲が変わって来るので、しっかりと確認することが欠かせません。無料となるレッカー移動の距離やサービスの利用回数など、使用する場合には条件が適用されることもあります。また、補償内容が同じ様に見えても、保険会社によって使い勝手は異なるといったことも珍しくありません。サービス内容は細部まで確認してから選ぶことが大切と言えます。

ロードサービスを選ぶ際のポイント

自動車保険のロードサービスには、オプションとして付帯する場合と予め付帯されている場合の二つのタイプがあります。大抵の場合、オプションとして付帯する場合は有料となり補償内容も充実しています。反対に、予め付帯されているものは無料で利用出来るものの、使用に制限が付いたり、利用時に追加で料金の支払いが必要になるといった場合もあります。選ぶ際には、サービス内容の重複や車の利用の仕方を考えることがポイントになります。

専門業者などを通じてロードサービスを利用出来るなら、自動車保険に有料のオプションを付帯する必要はないかもしれません。逆に、自動車保険に付帯しないとロードサービスを利用出来ないなら、有料のオプションを利用して、しっかりとした補償を用意しておくことも一つの手と言えます。また、普段から中、長距離を移動するなら、無料となるレッカーサービスの距離も長めのものの方が使い勝手は良いでしょうし、近所しか走行しないのなら最低限の距離でも十分かもしれません。車の利用の仕方や他のサービスとの重複を考え、上手に選ぶことが大切です。

自動車保険は料金が安いに越したことはありませんが、安さにばかり目が行ってしまうと、肝心の補償内容に満足いかないことがありますから、補償内容にもしっかりと目を配ることが大切です。

Scroll to Top