決済代行会社の役割や選び方などを詳しく紹介

決済代行会社の役割とは?

決済代行会社とは、クレジットカード会社など決済手段を提供している金融機関とカードによる決済の導入を検討している店舗を仲介して決済システムを提供する会社を指します。また最近ではネットショップを開設する人も増えてきている事から、ネット決済に対する需要も高まっています。クレジットカードだけでなく、口座振替やコンビニ収納代行などあらゆる決済方法の中から最適な組み合わせを選択して導入し、効率よく運用を継続していけるようサポートをするのが決済代行会社の主な役割です。

決済代行会社を選ぶ際のチェックポイント

決済代行会社を選ぶ際のポイントとして挙げられるのが、しっかりとした導入実績があるかどうかです。どのくらいの数の導入実績があるのか、詳しい導入事例はあるかなど、あらかじめ調べておくと良いでしょう。実績がある会社は、ホームページなどの具体的な導入事例が掲載されている事が多いので、そこで確認する事ができます。また各社によって費用や手数料も異なってくるので、その点も重要なチェックポイントとなってきます。特に決済手数料は月額費用などの固定費とは異なり、取引に応じて増える事もあるので導入の際には注意が必要です。

尚、オプション料金の場合は、一旦オプションを付けないで運用し、本当に必要なオプションかという事を見極めた上で適切な料金かを判断するのが賢明と言えるでしょう。さらにチェックポイントとしてはセキュリティも重要な項目です。必要なセキュリティ対策が行われているかはしっかり確認しておきましょう。

決済代行サービスは、大手の通販サイトやホテル、レストランなど様々なサービスを扱う企業で導入が進んでいます。

Scroll to Top