塾選びにおいて重要な3つのポイントを紹介します!

見学を行って教室の雰囲気を知る

塾に入る際には体験授業とカウンセリング(面談)の2つが重要となりますが、その2つでは意外にも教室の雰囲気を知ることが出来ない可能性があります。そこで重要となるのが教室見学をすることです。見学を行うことで講師と生徒の関係性を見ることが出来ます。塾は和やかなムードのところもあれば、ピリピリとしたムードのところもあります。これはどちらが優れているということではなく、それぞれの生徒にとってどちらが良いかで判断することが大切です。比較的ゆったりとした空気の中で勉強したいという子もいれば、徹底的に集中したいという子もいます。合わないのであれば無理に次のステップに進む必要はありません。

出来れば体験授業を受ける

塾選びにおいて最も重要なのは体験授業を受けることです。どんなに忙しくても体験授業を受けることはおすすめ出来ます。体験授業の際の講師は基本的に生徒の状態を探りながら授業を進めていきます。既に通っている子に比べて、体験授業を受ける子の情報が少ないからです。生徒のペースや様子に合わせて柔軟に授業の内容を変えられる講師、それを認める塾長がいる教室がおすすめです。もちろん生徒と講師の相性も重要となります。

最終決定はカウンセリングを受けてから

見学と体験授業でほとんど塾選びの判断材料は出そろいますが、念のためカウンセリングでの塾長の様子にも注意しておきましょう。カウンセリングにおいて聞いておきたいのが講師の指名が出来るかどうかです。相性の良い講師を見つけても指名が出来なければ、なかなか当ててくれるか分かりません。ここで塾長の口から当ててくれるかどうかを明言してもらうことは非常に重要です。また、料金や教材費用など不明な点は全て尋ねておきましょう。

個別指導が中心の学習塾も増えています。個別での指導を通じて、今まで以上の綿密な学習サポートが可能な場合もあります。

Scroll to Top