イラストを描く時には自由に描くことが一番大事

イラストには価値がある

ノートの余白にちょっとしたイラストを描くと結構楽しいものです。年賀状も文章だけではなく、飾り気があった方がいいです。クリスマスカードもイラストがあるのとないのとでは大違いです。ほんのちょっとしたイラストによって、ときめいたり楽しくなったりするものです。イラストが描かれているグッズは多く、それを集めたりする人もたくさんいます。イラストを使えば商品の価値も上げることができるし、イラストが描けるということは何につけても素晴らしいことだと思います。

イラストには描く楽しさが必要

イラストを描いてみたいが、なかなか上手に描けないという方も多いと思います。イラストをかけたらいいなと思いつつ、上手に描けないと苦痛になってしまいます。絵を描くことはとても楽しいことなので、イラストを描くことがプレッシャーになってしまうと、描いていてもつまらなくなります。ペンや筆の使い方などイラストには描き方もありますが、絵というものはやはり自由に描くから楽しいのです。描く楽しさがないイラストなら描く価値はなくなってしまうでしょう。

技術ではなく気持ちで描く

紙やペンなどに拘らず使いやすいものを選んで自由に描いてみましょう。楽しい気持ちで描けば楽しいイラストになるし、優しく描けば見るものをほっとさせる優しいイラストになります。ペンの使い方などのテクニックも必要ですが、まずは自分の気持ちを前面に出して描くことが楽しいイラストの描き方です。何事にもとらわれることなく描くことで、オリジナリティ溢れる作品になります。

イラスト講座は通信で始めることが可能で、プロのアドバイスを受けながらイラストの基礎力を上げることができます。

Scroll to Top