スクーリングの頻度で選ぼう!!卒業のフォロー体制もチェック!!

スクーリングの頻度がどれくらいか

通信制高校の特徴として毎日の通学が不要な点が挙げられます。全日制の高校だと平日は毎日通学する必要があり、休みが多いと出席不足で単位が取れずに落第になる可能性もあります。通信制高校はスクーリングと呼ばれる登校日が設定されていて、各科目ごとに所定の日数に出席すれば単位取得の条件を満たせます。注意したいのは各学校によってスクーリングの頻度が異なるところでしょう。少ない所だと年に数回程度で済むところもあり、仕事などをしている人ならできるだけ少ない所がいいかも知れません。一方1か月に数回出席しないといけないところもあり通学負担が多いところもあります。自由な時間が多いならスクーリングの頻度が多くても問題ないでしょう。

卒業のためのフォロー体制で比較

高校は中学と異なり自分の意思で入学します。もちろん学校側も入学してきた生徒を卒業させようとしてくれますが、学校によって対応が異なるので注意が必要です。特に通信制高校は先生とのコミュニケーションがあまりない所もあり、知らないうちに勉強から離れて卒業を断念する人もいます。通信制高校の選び方としては卒業のためのフォロー体制があるかどうかをチェックしましょう。公立と私立では公立は自主性を重視しているところが多く、積極的にフォローをしてくれるわけではありません。一方私立は自主性が少ない生徒に対してもなんとか勉強を続けてもらおうといろいろな仕組みを用意してくれています。自主性が足りないと感じているなら、フォロー体制が充実しているところを選びましょう。

通信制高校は、通学が困難な人に向けて作られた単位制の高校を指します。そんな通信制高校を埼玉でも探すことができます。

Scroll to Top